すくえあのーと

見たことのない世界

a0197968_1725250.jpg
しがらみから逃れ裏の世界に来た。黄土色の空に見たことのない建物が所狭しと並ぶ中、言葉の通じない人々が蠢いている。空気が淀み変な匂いが漂っている。なんだか居心地が悪く表の世界に戻ることにした。しかし、そこは表ではなく裏の裏だった。空は青く見慣れた人々のようだったが皆な無言で目は死んだ魚のようだった。怖くなって表の世界に戻ろうとした。しかしそこは裏の裏の裏の世界だった。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村
by nakarahanjaku | 2016-07-21 17:04 | | Comments(2)
Commented by rr-tsu at 2016-07-24 10:38
旅先で時空を超えたような錯覚を覚えたり
デジャブのように初めて来たとは思えなかったり
現実でありながら時間が止まった瞬間を覚える時が!
裏の裏の世界なんて考えるとゾゾっとしますね(^^;;
Commented by nakarahanjaku at 2016-07-28 16:05
●rr-tsuさん、こんにちは。
デジャブ体験は、実は異次元との接点かも。
死後の世界とか、四次元の世界とか、魔法の世界とか、
凡人には見えないだけで、目の前にあるのかも。
考えてみれば広大な宇宙の芥子粒のような星にいる自分自身も
時間も天地も都会も田舎も全てが、
太陽の瞬きの一瞬の幻想なのかも、かも。