すくえあのーと

手を胸

a0197968_15225972.jpg

街の雑音が遠退きて動悸リズムが波打つ 目は頭蓋骨の中より眼窩スクリーン覗き 懐かしき暖かきものに向かひて鼓動が高まる 足がもつれる 息が苦しい 何時しか街にもどる 動悸が残る どくっどくっどくっしばし手を胸 

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
ワンクリックの応援お願いいたします ^^"
by nakarahanjaku | 2013-03-17 15:00 | | Comments(4)
Commented by rr-tsu at 2013-03-17 19:29
狭心症かと心配したけど・・・若者らしい胸の動機・・・
それにしても・・・痛々しい像ですね^^;;;
Commented by biwahama at 2013-03-17 22:20
ううう・・・読んでいるうちに私も胸が苦しくなってきた^^;
動悸はたま~にあるんですよ。50を過ぎたあたりから。。。
この像は何処にあったのでしょう。。ほんとに痛々しいですね。
Commented by nakarahanjaku at 2013-03-18 11:54
●rr-tsuさん、こんばんは。
若い頃は、理想と現実のギャップなどに悶々として、
胸が苦しくなることがありました。そんな詩の思いが
伝わったようで嬉しいです。
この像はよそ様の庭に立っていたものですが、
あまりにインパクトがあって撮らせていただきました。
Commented by nakarahanjaku at 2013-03-18 12:01
●biwahamaさん、こんにちは。
若い頃は悶々とした思いで胸苦しくなったものが、
今では、文字通り物理的な動悸が、、私もあるんです。
私には大阪駅と大阪環状線の列車内は鬼門のようです。
この像は、明日香村の散策道沿いの民家の庭にあったものです。
とても印象深かったので勝手に撮らせてもらいました。