すくえあのーと

幸福ゆき

a0197968_16161024.jpg




かつて
北海道の帯広と広尾を結ぶ広尾線という路線があった。
この写真1981年のもので、1987年には廃線となった。

この路線には「愛国」と「幸福」という駅があった。
当時「愛国」から「幸福」ゆきの切符がブームで、
東京や大阪でもキーホルダーなどにして売られていた。

私は現役の愛国駅に行き、幸福行きの切符を1枚買った。
今も持っている。

幸福駅は無人駅で汽車の本数も少なくのどかなものでした。
私の自転車をホームに乗せての記念写真です。(1981年5月6日撮影)
当時の自分もこの線路のように目標に向かってまっすぐ走り抜けた
青春のいい思い出です。

今はもう線路も無くなっているのだろうけれど、
それを忘れることは無いです。
by nakarahanjaku | 2011-02-01 16:47 | 短歌 | Comments(6)
Commented by benisijimi-50 at 2011-02-01 21:34
息子や娘の今の歳より若い頃に訪れた事を思い出しました。
自転車じゃなく、背中にフレームを背負ってでしたが。
そういえば、何にもないとこにポツンと駅だけがあった様な、このお写真一枚で、いろんな事が甦ってきました。
ありがとう~!
Commented by 藍ちゃん at 2011-02-02 11:23 x
幸福は見つかりましたか?
Commented by xxmooncatxx at 2011-02-02 17:20
ああ、こんな場所だったのですね。
高校生の頃、付き合ってた人から切符をもらったのを思い出しました。
懐かしい思い出です。
いまだに愛の国を見つけられない私は、幸福駅に辿り着けないのでしょうか(笑)
Commented by nakarahanjaku at 2011-02-02 19:52
●benisijimiさん、コメントありがとうございます。
わぁお〜そうっだのですか!カニ族ならぬエビ族ですね!
それにこの辺鄙な場所にわざわざ訪れるとは、、、下心付きですか?
(私の場合は、たまーたま通り道だったということですが)
こんどじっくりその辺りの話をお聞かせください。
Commented by nakarahanjaku at 2011-02-02 19:59
●藍ちゃん、コメントありがとうございます。
幸福は濃霧の中です。あるようなないような。
藍ちゃんって?も、もしやして、、、
Commented by nakarahanjaku at 2011-02-02 20:09
●mooncatさん、コメントありがとうございます。
頬が紅くなるような、いい思い出ですね。
その彼氏の切符は、愛国駅に訪れて買ったのではなかったのかな?
あの頃はどこにでも売ってましたからね。それもキーホルダーとかにして付加価値付けて、、
愛の国はそこらじゅうにありそうですがね、、その気になれば。